<< 9.11に想う… | main | 珈琲いいね >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

    YUKIライブ2010「うれしくって抱きあうよ」

    0
      9/13、14、17と3日間も行っちゃいました。

      13日は今回のツアーを初めて見るのでワクワクが止まらない。
      事前にちょっとチェックしたセトリ自体は、6月の「The Present」の時に近い感じ。

      まずオープニング。
      今までのCGガンガン使った感じの映像を流すんじゃなくて影絵風の映像。
      空から傘で舞い降りてきたYUKIちゃん。
      ダンサーの人たちが木になったり、犬になったり。
      この犬のシーンだけでもすごくて拍手!

      おとぎ話風の影絵が終わると幕が空いてYUKIちゃん登場!

      アルバム「うれしくって抱き合うよ」をメインに構成されたステージ。
      WAGONも特別バージョン。
      途中でミスドソングが入るのも慣れてきました。
      初めての人は戸惑うようですが、知ってる曲だけにみんなで盛り上がれますね。

      13日、14日には「お上手に歌うのではなく、心をこめて歌います」とMC。
      いつも言ってくれてる事だけどYUKIちゃんの気持ちが伝わってきて嬉しい。
      ただ、この2日間はYUKIちゃんの声の調子があまりよくなかったようで…。
      それでも一生懸命丁寧に歌を伝えてくれるYUKIちゃんの調子が心配に…。

      17日はかなり復活していて元気いっぱいで「テンションあがる〜!」と。
      聴いていてハッキリわかるくらい、全然違うんですよね。
      声の調子がいいと、YUKIちゃんの動きもMCも絶好調。
      作る曲もそうだけど、全てにおいてなんて素直に感情がにじみ出ちゃうんだろう。
      もう可愛くって仕方ない!


      今回のライブでは、途中でYUKIちゃんがみんなに座るように指示。
      途中はゆっくり座って曲を楽しめました。
      仕事帰りのOLに優しいライブです(笑)
      13日と17日はYUKIちゃんがみんなが座る間に踊ってくれてサービス♪

      13日は今回のツアーやアルバムの説明が一番丁寧だったかなぁ。
      「手触り感を大事にしたい」
      「ステージを紙芝居風につくった。だから床もいつもの黒い床じゃなくて木の床で響きが楽しい」
      「一針一針刺繍をするような感じの手作り感のあるライブにしたい」
      「ヘアー椅子(ツアーパンフにも使われ、ライブにも登場)はフランスで作った。手入れが大変なので、毎晩寝ずに昼寝して手入れしてる。寝てるじゃん!」
      とか。

      後は、
      「メールや電話は便利だけど、私が子どもの頃のように直接会って話をしたり、手紙を書く事を大切にしたい」って。

      そうそう、14日には
      「ファンレターで「YUKIの歌からいろんなものをもらってるけど、私は何も返せない」って書く人がいるけどそれは間違ってるよ!みんなが歌を聴いてくれるから私は歌うんだ」(細かい一言一句は覚えてないけどこんなニュアンスの事)をちょっと怒った感じで言ってくれてこれだけで涙出た。

      初めてデビューしたばかりのYUKIちゃんの姿を雑誌で見かけて15年以上。
      彼女のファンであることに自信を持てました。
      素敵過ぎる。

      17日は、うたの途中でYUKIちゃんがステージから落ちそうになるハプニングあり。
      本人はめちゃめちゃビビったんだろうな。
      そのくらい、お客さんの近くで歌おうとしてくれてるんだよね。

      それにしても17日は絶好調。
      絶好調すぎて、ヘアー椅子の説明もなしに「パスタ屋でビールを頼んだら「ビールは食前にしますか?食後にしますか?」って聞かれてビックリしたwwwマニュアルどおりじゃなくて臨機応変に対応しないとだめね」って余談飛び出しまくり。


      アンコールでのコールについて。
      13日、めっちゃばらつく。
      初めて聞いた人、わけわかんない事になってただろうな。

      14日、奇跡的にまとまる。

      17日、最前列の人たちが上手く仕切ってドーナツソングの手拍子でアンコール。
      YUKIちゃんもアンコールで出てきた時、ちょっとびっくりしてたなぁ。
      JOYライブくらいからティンカーベルが通例になってたから、久々に新しい感じだったしね。

      ちなみに17日は「2人のストーリー」を本編で歌い
      アンコールでは
      「あの娘になりたい」を歌ってくれました。
      13、14日はアンコールで2人のストーリーだったから、曲の説明もたっぷり。
      特に13日には現代の「赤ちょうちん」(かぐや姫)をイメージってことで歌ってくれました。

      14、17日の「恋愛模様」では久々にYUKIちゃんが倒れ込んで、袖から出てきたスタッフがマントをかけて一緒に引っ込もうとする→みんなに呼ばれてYUKIちゃん復活の小芝居やってくれました。
      これ盛り上がるんですよね。

      で、最後にみんなでジャンプ!
      17日は曲のラスト近づいた時点で思わず足元の荷物を足で椅子の方に押しやって、ジャンプするスペース作って待機しちゃったよ。
      悔いのないように全力でジャンプしてきちゃった。

      17日は最後に幕が閉まる直前に「もう20公演おわっちゃったぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜」っていうYUKIちゃんの叫びにキュンキュン。
      ラストの沖縄公演には行けないけど、次のライブ楽しみに待ってるよ~。


      座席ですが、13日は1階のステージ向かって右寄りの後方(41列目)。何とか見える感じ。
      14日は1階のステージ向かって左寄りの26列目。そこそこいい感じ。

      17日は2階の中央寄りで3列目。前が立たないし距離は有るけどいい感じ。
      いろんな角度で観たことで、毎回気付かされる事がたくさん。
      「汽車に乗って」の最後のオルゴールみたいなのにYUKIちゃんがのってネジを回すのがはっきり見えたり、「ハミングバード 」のお月さまがいかに人力で移動しているのか方法がはっきり見えたしね。
      素敵な3日間でした。


      最後にセトリ。


      ●13、14日
      01.朝が来る
      02.ミス・イエスタデイ
      03.WAGON
      04.歓びの種
      05.うれしくって抱きあうよ
      06.さようなら、おかえり
      07.ハミングバード
      08.プリズム
      09.同じ手
      10.ユメミテイタイ
      11.チャイニーズガール
      12.汽車に乗って
      13.長い夢
      14.星屑サンセット
      15.プレゼント
      16.ランデヴー
      17.COSMIC BOX
      18.夜が来る
      〜アンコール〜
      19.2人のストーリー(新曲)
      20.恋愛模様

      ●17日
      01.朝が来る
      02.ミス・イエスタデイ
      03.WAGON
      04.歓びの種
      05.うれしくって抱きあうよ
      06.2人のストーリー(新曲)
      07.さようなら、おかえり
      08.ハミングバード
      09.プリズム
      10.同じ手
      11.ユメミテイタイ
      12.チャイニーズガール
      13.汽車に乗って
      14.長い夢
      15.星屑サンセット
      16.プレゼント
      17.ランデヴー
      18.COSMIC BOX
      19.夜が来る
      〜アンコール〜
      20.あの娘になりたい(新曲)
      21.恋愛模様
      評価:
      YUKI
      ¥ 2,620
      コメント:ジャケットの写真など、敢えてフイルムのカメラで撮影したとか。デジタルな世の中にアナログな感じを伝える素敵な1枚。

      評価:
      ¥ 1,200
      コメント:YUKIちゃんが男装!男目線のラブソング。

      評価:
      ¥ 3,840
      コメント:オーケストラを引き連れて行われた2日間だけのスペシャルライブ。クラシックな感じのYUKIちゃん。

      posted by: ACCO | - | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 08:12 | - | - | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://mattariacco.jugem.jp/trackback/1084401